静かな田舎暮らしに憧れて

2016年 高知市から移住 小田様
小田様
主人が関東出身で、高知市内で暮らしていましたが、少し田舎の気楽で静かな暮らしに憧れて2011年に田舎暮らし支援会さんに相談しました。
そのとき夜須町の山沿いにある高台の耕作放棄地を紹介してもらい、大変気に入って購入を決めました。本来ならすぐにでも家を建てたかったのですが、土地が農地で色々な制限があり、建築がスタートするまでに5年を要しました。
カフェ兼住居
5年間は長かったですが、少し高台の土地からの景色や周囲の環境がとても気に入っていたので、その間は小さい面積を耕して畑を作り、週末菜園を楽しみながら転用許可を待っていました。野菜の世話に来る度に夢を描いていましたね。
カフェ&うつわ ごとごと
今までは団地住まいだったので、静かな田舎暮らしは本当に想像以上の気持ちの安らぎがあり、幸せを感じています。
ここは田舎といっても、大きな不便を感じる事もありません。
これから、住宅前を新しい菜園場所として自分たちの好きな様に野菜作りをしていきたいと耕作をはじめたばかりです。
ページのトップへ戻る