田舎で週末カフェの夢を実現

2009年 東京都から移住 五十嵐様
五十嵐様
元々高知が出身で、東京で結婚して生活をしていましたが退職を機に高知で田舎カフェをやりたいという夢が大きくなってきました。
カフェ兼住居
田舎暮らし支援会さんに相談をし、田舎の道路沿いで店舗兼住居となる土地を探してもらいました。少し山奥でしたが夜須町の県道奥によい土地が見つかり、そこにあった空家を取り壊して、新しく理想のカフェ兼住居を建てました。
カフェ&うつわ ごとごと
そして念願の【カフェ&うつわ ごとごと】をオープンすることができました。「ごとごと」とは高知の方言で、慌てずゆっくりと言う意味で、名前の通り週末の金・土だけのんびりと営業しています。
週末以外は農家さんのお手伝いをしたり、カフェでも販売している趣味のうつわを見に行ったりと充実した日々を送っています。
ページのトップへ戻る