移住後は家庭菜園のスペシャリストに

2010年 愛媛県から移住 長尾様
家庭菜園
移住前は愛媛県松山市で会社員をしておりました。
当時から菜園が趣味で、休みの日はいつも畑で農作業をしていましたので、退職を機にもっと広い畑で自由に自給自足生活がしたいと夫婦で話し合っていました。そして太平洋のある明るい印象の高知県に決めました。
長尾様
民家から少し離れた場所で畑が200坪以上、宅地が100坪位というのが希望条件でした。
低予算でしたので、沢山の候補地から夜須町の山沿いを選びました。
住宅前の景色
山の方なので、猪や鹿、ハクビシンなどに畑が荒らされる事に戸惑いましたが、対策を考えたり習性を知ったりと、田舎で暮らす知恵を学びました。
住宅
畑は有機栽培に近い農法をしていますが、畑に必要な水を、横を流れるきれいな谷川から取れる事は予想外だったので、とても重宝しています。
現在では春夏秋冬それぞれの旬のものを自給自足しながら暮らしています。自分たちだけでは食べきれない量なので、ご近所の方におすそわけをしたり、家族や親戚に送って喜んでもらえるのもまた楽しみのひとつです。
ページのトップへ戻る